福澤朗アナなんでも鑑定団後任の理由はギャラ?石坂浩二降板に激怒?

この記事は2分で読めます

スポンサーリンク

テレビ東京で20年以上も放送されている長寿番組「なんでも鑑定団」ですが

噂をされていた石坂浩二(74)の降板が遂に決定!

後任にはなんと日本テレビ系で放送中の『真相報道 バンキシャ!』の福澤朗アナ(52)が決まったことが分かりました。

スポンサーリンク

 

画像元:NAVERまとめ

画像元:NAVERまとめ

ベッキー不倫→休業→引退?過去に不倫で消えていった女性タレントたち

 

なぜ突然に石坂浩二は降板して、フリーの福澤朗アナウンサーが後任として登用されたのでしょうか?

実は石坂浩二の降板は島田紳助さんが司会をやっている時から話は上がっていたんです。しかし島田紳助さんが「石坂さんをやめさせるのなら俺もやめる」という経緯があったから降板まではいきませんでした。

しかし紳助が暴力団との関係が明るみに出て同番組を降板すると、露骨な石坂降ろしが始まったのです。

丹波ワイン黒井衛社長の賞味期限切れ肉を提供とは?写真画像付で検証!

 

露骨な石坂降ろしとは?

石坂さんは博学で、お宝鑑定の際にも鑑定士と一緒にコメント出来る程の実力でした。しかし紳助さんが降板すると、露骨に石坂さんのコメントをカットして放送させなくなったのです。

この事実は番組内で今田耕司とほとんど喋らない」「笑っているだけの妙な感じで不自然」とツイッターやネット上でも話題になり、石坂さんはプライスボタンを押すだけという素人でも分かる酷いものでした。

スポンサーリンク

犬が飛び出し自転車が倒れて骨折事故!治療費や賠償金はどうなるの?

 

なぜ石坂さんは降板させられたのか?

その理由はA氏と呼ばれるプロデューサーに嫌われたのが一番の原因だと言われています。

始めは1本150万円という、石坂さんの高額なギャラを安く抑えるために降板させられたと思われていましたが、どうやらそれは違ったようです。

それは後任に決まった福澤朗アナウンサーも同じ150万円だからです。

となると結局はAプロデューサーが石坂さんのトークか、石坂さんの性格を嫌って降板させたということになります。

A氏が責任者になってから、番組内で石坂さんが仕切る名物コーナー『鑑定ルーム』が廃止され、ある酒席で、番組内容をめぐって、石坂さんとトラブルを起こしたこともあるという関係者の話も出回っているほどです。

A氏は意図的に石坂さんのコメントをカットしても視聴率を取れることを見せ、自主降板に追い込む魂胆だったんでしょう。

自主降板かは不明ですが、結果として石坂さんは降板に。

しかしそのあまりにもエグいカットの仕方に同番組にダーティーなイメージがついてしまったことは否めませんよね。

20年も昔だったらバレなかったかもしれませんが、ツイッターやネット上で視聴者の声が拡散される時代には視聴者も騙されなかったようです。

後任に決まった福澤アナウンサーは元々日本テレビの局アナ。テレビ局の方針や内情も熟知しているし、なんといってもサラリーマンだったのでA氏にとっては使いやすいというのが一番なんでしょう。

どんなに知名度やトーク力、そして実力があってもYESマンじゃないと番組を降板させられるという、何処の会社にもある騒動だったようです。

これには石坂さんもプライドを傷つけられて大激怒でしょうね。

せめてもう少しギャラが低い人を後任に選んでいれば良かったのに。

あまりにも可哀想です(´;ω;`)

本日は最後まで読んでいただきありがとうございました。

スポンサーリンク

なんでも鑑定団で石坂浩二が今田耕司と不仲? 降板や番組打ち切りも?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。