アマゾンやりそな銀行のフィッシングサイト詐欺とは?対策方法はある?

スポンサーリンク

本や衣類に家電商品など、様々な商品をインターネットで販売しているアマゾン(Amazon)。

その使いやすさや商品の数が多いことから、一度はアマゾンを利用したことがある方も多かと思います。

でも今、そのアマゾンの名前を偽ったフィッシング詐欺が横行しているのをご存知でしょうか?

また、りそな銀行の名を語った同様の手口も報告されています。

スポンサーリンク

amazon

無料と話題の祖父母手帳とは?東京や大阪その他での入手方法とは?

フィッシング詐欺とはなに?

フィッシング詐欺の語源は英語から来ています。フィッシングという名のとおり、「釣って人を騙す」。

つまりいろんな手法や巧みな言葉を使い、Eメールアドレスやクレジットカード番号などの個人情報を騙し取ることなんです。

 

具体的なフィッシング詐欺方法とは?

一番よくある方法は偽Eメール。

アマゾンの名を語り、注文していない商品の注文確認をしたり、アカウントのパスワードを求めてきたりします。

誤ってパスワードを教えてしまった場合、クレジットカード番号を登録している場合には勝手に商品を購入される危険性があります。

また、りそな銀行の場合は、

「りそな銀行システム」がアップグレードされましたが、お客様はアカウントが凍結されないように直ちにご登録のうえご確認ください。」

といった内容のEメールが送信され、記載されているURL(偽りそな銀行のサイト)へと誘導するといった事例が報告されています。

これも誤って偽サイトへアクセスすると、インターネットバンキングのIDやパスワードが盗み取られ、最悪全ての預貯金が盗み取られてしまいます。

そして最近では偽アマゾンサイトが作られていることが分かりました。

本物そっくりに作られているため、殆ど見分けがつかないと言われています。

 

フィッシング詐欺の対策方法はあるの?

あります。

偽アマゾンサイトの場合、サイトのURL(アドレス)が、「www.amazon.co.jp」から始まらないものは偽サイトです。

報告されているものでは、「http://www.am●●●●●.co/」といった、.coで終わるアドレス。

また、携帯電話などではURLを確認しようにも、画面が小さいため「www.amaz」というように、途中までしか見えない場合があるので、最後まで見ることが重要となります。

 

Eメールが送られて来た際は、記載されているURLをクリックしないこと。

どこの銀行もインターネットショッピングサイトでも、URLをクリックしてIDやパスワードの変更を求める企業はありません。

この2点を抑えていれば、基本フィッシング詐欺の被害に遭うことはないでしょう。

この情報につきましては、アマゾンとりそな銀行それぞれのサイトで詳しい情報が案内されています。

アマゾンはこちら → アマゾン

りそな銀行はこちら → りそな銀行

真田丸の視聴率低迷が八重の桜よりヤバイ!その3つの理由とは?

スポンサーリンク

社会

Posted by TrandyBaru