従軍慰安婦問題で最終的かつ不可逆的に韓国勝利!日韓合意で10億払って安倍首相反省の気持ちを表明へ。

スポンサーリンク

本日、ソウルの韓国外務省で行われていた岸田文雄外相と韓国の尹炳世外相会談で、いわゆる従軍慰安婦問題に関する合意がされました。

日本国民の為の税金からおよそ10億円ものの資金を、韓国政府が設置する財団に提供することを約束。 元慰安婦の心の傷を癒すための事業を行うことで合意し、この問題が、「最終的かつ不可逆的に」韓国勝利で解決されたことを確認しました。

korean flag

 

韓国外務報道官否定、慰安婦問題でユネスコ記憶遺産申請取り下げず!

 

訪韓中の岸田外務大臣は、「慰安婦問題は、当時の軍の関与のもとに、多数の女性の名誉と尊厳を深く傷つけた問題であり、かかる観点から、日本政府は責任を痛感している」と述べました。

スポンサーリンク

 

そのうえで、岸田大臣は「安倍総理大臣は、日本国の内閣総理大臣として改めて、慰安婦としてあまたの苦痛を経験され、心身にわたり癒しがたい傷を負われたすべての方々に対し、心からおわびと反省の気持ちを表明する」とも述べました。

慰安婦問題は当時の軍の関与のもとに、多数の女性の名誉と尊厳を深く傷つけた問題であり、かかる観点から日本政府は責任を痛感しています。

 

以下、記者会見での岸田外務大臣の言葉(一部抜粋)

安倍内閣総理大臣は日本国の内閣総理大臣として、あらためて慰安婦として数多の苦痛を経験され。 心身にわたり癒しがたい傷を負われた全ての方々に対し、心からお詫びと反省の気持ちを表明いたします。

日本政府の予算により、全ての元慰安婦の方々の心の傷を癒やす措置を講じます。 日韓両政府が協力し、全ての元慰安婦の方々の名誉と尊厳の回復、心の癒やしの為の事業を行う事とします。

 

慰安婦問題で日韓合意。日本で報道されない韓国と海外メディアの報道

 

一方、在韓日本大使館前に置かれている少女の慰安婦像について韓国の尹炳世外相は、「関連団体と協議して韓国政府として適切に解決するよう努力する」と述べるにとどまり、「撤去する」とのコメントはありませんでした。

なんども言いますが、「努力する」との言葉だけです。

そもそもこの慰安婦像は、外国公館の品位を維持する義務を定めた「外交関係に関するウィーン条約」に違反しているので、今回の合意至る条件として話が上がる事自体がおかしい。 この像が問題になり始めた当時、大統領だった李明博は理不尽にも「日本から誠意ある措置がなければ第2、第3の像が建つ」と脅しをかけるなど、完全に官民一体に進められた韓国の戦略でした。

また、両国は国連や国際社会で慰安婦問題を巡って互いに批判や避難を控える考えを示しましたが、批判や避難をしないとは発表されておりません。つまり控えるだけで、批判や避難を行っても良いということ。しかもいつも言い出しっぺは韓国です。

「最終的かつ不可逆的に解決」を全面に押し出した声明を発表した割りには、蓋を開けてみると一つ一つの詳細なる問題に関しては曖昧な内容。

韓国政府は日本国政府から10億円もの巨額なお金を出させることに成功し、安倍総理に謝罪表明をさせることに合意させた事を考えると、今回の合意は完全に韓国の勝利。

例え日本政府としては法的責任ではなく、道義的責任の合意だったとしても、日本軍の関与を認めて10億円もの大金を拠出し、謝罪すると言う事を他の国々はどう見るでしょう。

おそらく韓国のメディアが報道する、「日本軍は数十万人もの若い朝鮮半島の女性を拉致し、強制的に従軍慰安婦にさせた」と思うのが普通です。

結局今回も曖昧な言葉を使って解決しようとした過去のパターンと全く同じ。

数年も経てばまた別の理由を創りだして日本を脅し、無知で世界の常識を知らない日本の左翼と一緒に大金をむしり取りに来るのが見え見えです。

また、本日の発表前、既に台湾の外交部も生き残っていると言われる4人の従軍慰安婦問題について、改めて韓国と同様の対応を取ることを日本政府に求めてきました。

今回の合意はまさしく「最終的かつ不可逆的に韓国の勝利」。安倍政権の歴史の汚点となるでしょう。

また韓国に騙された! 岸田外相の慰安婦問題合意は河野談話と同じ

朴槿恵大統領、慰安婦問題解決を3億円で安倍首相へ懇願

靖国神社爆発の韓国人男性を逮捕!日本へ再入国したその理由。

国神社爆発のチョン容疑者、発火装置を置いたと供述するも。。。

ミス・ワールド カナダ代表 法輪功で中国に入国できず

スポンサーリンク