バジルシードはチアシードを上回る脅威のダイエット効果?

スポンサーリンク

みなさんバジルシードをご存知ですか? 東南アジアのタイ国原産で、そのバジルシードが持つ特性がダイエットに効果があると今話題になっています。

しかもあのチアシードを上回る脅威のダイエット効果があるというんです!

basil

 

バジルシードとはこの真っ黒い種。 あの独特な香りで有名なバジルの葉っぱの種なんです。

バジルの葉っぱはハーブの効能として、便秘・鎮静作用・頭痛・吐き気・皮膚のかゆみ止め・身体を温める効果などなど。 

スポンサーリンク

そしてその香りは不眠症に効果があるとしても珍重されています。

タイの国ではヌードルやトムヤンクンなど、ありとあらゆる食品に取り入れられ、女性の間では食卓に並んだバジルの葉を手で掴んで「ムシャムシャ」。

健康のため以上に食卓では欠かせない食材となっているんです。

そのバジルシード。 食前の30分ほど前に食べると胃の中で大きく膨らむので食欲が減退し、ダイエットに物凄い効果があることが分かっています。

その膨張率なんと30倍! あのチアシードの3倍にも及ぶ倍率なんです!!

basin

そしてこれが膨張後の写真。

マツコの知らない世界SP紹介、変わった「カレーうどん」のまとめ

まるで小学校の理科の時間に見た、カエルの卵のようでチョット気持ち悪いこのバジルシード。 でもタイでは甘くしたココナッツミルクに入れたり、ジュースの中に入れたりと、知らない人はまずいない最もポピュラーな食品。

「でもどうしてダイエット効果があるの?」

カロリーが物凄く低いんです。

あのチアシードが25キロカロリーに対し、バジルシードはたったの5キロカロリー!

しかも食物繊維を多く含んでいて健康的。

お味の方は殆ど無味ですが、若干の酸味があります。 食感は「ヌルヌル&プチプチッ」とした歯ざわり。 ヌルヌル系が好きな方にはたまりません。

食べ方は至って簡単。 スプーン小さじ1杯のバジルシードを水分のある食品に入れるだけ。 コーラ、ヨーグルト、スープなどなど。 お酒以外ならOK。 味噌汁にだって入れられます(勇気があれば)。

どうしても間食を止められない人にとっては、満腹感を得られるので驚きのダイエット効果が得られます。

添加物なしなので副作用も心配なくて健康的。

小さくて持ち運び便利。 外出中にレストランでもコッソリ使えちゃいます。 ただし、一度に大量の摂取はやめましょう。 あまりの膨張性のために便秘になるかもしれません。

バレンタインにサードウェーブチョコレートはいかが?

スポンサーリンク