おたふく風邪20代から30代女性の熱症状や腫れの治療方法

スポンサーリンク

おたふく風邪は一般的に子供がかかる病気だと思われていますが、とんでもありません。
20代や30代などの若くて健康的な女性でもかかる病気です。
今まで問題なかったので大丈夫だと思っているあなたにも、これから先十分に罹る可能性はあるのです。

 

おたふく風邪とは?

おたふく風邪は通常の風邪やインフルエンザとは違い、発熱と共に顔が膨らむように腫れてきます。

具体的には耳の下辺りからアゴの下辺りまで、人によって腫れの大きさは様々です。

 

おたふく風邪の時期

1年中発症する病気ですが、一番発症する時期は冬の終わりから春にかけて

スポンサーリンク

 

おたふく風邪の感染経路や潜伏期間

スポンサーリンク

感染経路は咳やくしゃみなどによって飛び散る飛沫感染と、ドアノブや電車やバスなどのつり革、そして便座などの接触感染

潜伏期間はおよそ10日間から20日程。その後に発症し始め、1週間ほどで回復に向かいます。

 

おたふく風邪の予防方法

飛沫感染を防ぐためのマスク。そして帰宅したらからなず手洗いとうがいの励行。
病院に行く場合は特にマスクを忘れないようにして下さい。

そして大人のおたふく風邪は重症になりやすいので、ワクチンを摂取することが大切です。

 

20代から30代女性のおたふく風邪の症状

頭痛・首の痛み・倦怠感・食欲不振・嘔吐などがあり、次第に熱が出てきます。
発症してから24時間以内に耳の下辺りからアゴの下辺りまで腫れがでてきて顔が丸く膨れます。
また痛みも伴い、疼くような痛みが発生します。

38度から39度の高熱が3日~5日間程続き、人によっては40度を超える場合もまれにあります。

ここまで高熱が発症すると合併症の危険性が伴います。

20代から30代の女性にとって一番心配されるのは全体で7%も発症している『卵巣炎』
卵巣炎になっても子供ができなくなる不妊症になることはあまり無いようですが、もしおたふく風邪に感染して激しい腹痛に襲われた場合は無理をせず、早く病院へ行く事をオススメします。

妊娠中の場合は流産の危険性がありますので、上記に記載した感染予防を心がけることが大切です。

 

おたふく風邪は再感染や再発するの?

一度感染すると抗体ができるので、再び感染することは殆どありませんが、念の為にワクチンの予防接種を受けることをオススメします。

ディーンフジオカが行くビーフフォーのお店はハノイハノイ?東京小岩の場所や住所はどこ?

スポンサーリンク

社会

Posted by TrandyBaru