高須院長の「ジャニーズV6で一般ウケしない顔ランキング」に思わず納得

スポンサーリンク

ジャニーズグループの中でもメンバーの離脱や解散の噂もなく、メンバーそれぞれにソロ活動も行い安定的な人気を誇るV6(ジャニーさんも安心してみていられるV6?)。

でも気がつけば一番若い岡田准一ももう35歳。坂本昌行にいたっては44歳になっちゃっているのには驚きました。

メンバーにとっては、若いアイドル時代から円熟された魅力的な男性へと変わる1番重要なこの時期。 第3次成長期といっても過言でない、そんなV6メンバーの顔をデビュー当時の写真と見比べながら、あの高須クリニックの院長「高須克弥氏」が6人の顔をランキング。

はじめは適当に院長の言葉を読んでいたけど、これがまた

スポンサーリンク

「うんうん、あー。なるほどねーーー」

っと頷けるほど納得するお言葉。

自分の1番大好きなメンバーが将来どうなるか知りたいあなた。そんなあなたの不安を高須院長が顔診断で教えちゃいます。

 

画像元:Jpopasia
画像元:Jpopasia

 

必見!SMAPやV6の顔診断でも有名な高須クリニック院長の名言集

まずはイノッチこと井ノ原快彦の人気について、

「どこにでもいそうなところじゃない? いま人気があるのは隣にいそうなんだけど歌唱力や演技力があったり、ダンスが上手いという+αの魅力がある人。(岡田准一の写真を指して)だからこういう顔をしていたら、愛されない」

 

岡田准一

「俳優として人気があってもお茶の間には受けないよ。整いすぎたらダメ。憧れの対象になっちゃう。でも人気者は親近感のほうが大事。 井ノ原さんはアゴなしで、出っ歯でしょ。唇も薄くてモンキーフェイス。こういう顔は人気が出る。」

 

三宅健

「安全ストライクゾーンの顔だよね。みんなに愛されるタイプ。おばさんたちが好むのはこういう顔じゃない?」

 

長野博

「表情が上手いね。彼は笑顔も可愛いし、案外、タレント寿命が長いかもしれない。」

 

森田剛

「鋭さが失われたね。やる仕事が変わって、顔も順応したんだろうね。デビュー当時はヤンキータイプだけど、今はそれを諭すオヤジみたいだもん(笑)。顔が下がったね。上手く役者顔にシフトしたと思うよ」

 

坂本昌行

「(デビュー当時の写真と見比べて)顔は変わっていないね。老けてからのほうが幅広い人気が出そうな感じがする。アイドルってデビュー当時はすごくカッコイイけど、年を取るとしなびれてしまうケースもあるけど、彼は上手く年を取っていると思う」

 

そしてランキングを最後につけると、

「1位は井ノ原さん、2位は彼(三宅)、3位は彼(長野)、4位は彼(坂本)と彼(森田)が一緒で、ダントツの最下位が彼(岡田)だね。カッコイイ顔は凋落も早いけど、井ノ原さんみたいな顔は安定して人気があるもの。彼はアイドルを辞めても食っていけると思う。表情の作りかた含めて抜群。ぶっちぎりで愛され顔だよ」

引用:週間女性プライム

どうでしたか? メチャクチャ納得でしょ?

私としては森田くんの顔診断が一番納得です(うんうん)

もし「納得だ!」と頷けたら、どのメンバーの顔ランキングに一番納得かコメントお願いします。

岡田くんのファンにとってはチョット悲しいランキングですが、渋く色気のある歳の取り方をしていけば、実力派俳優として息の長い役者になっていくでしょう。

高須 克弥(たかす かつや):1945年1月22日、愛知県生まれの70歳。美容外科高須クリニックを経営する院長。 まだ美容整形に対する根強い偏見があった時代から、メディアを通じて幅広く宣伝を行い、一般の女性でも気軽に整形出来るよう貢献した立役者。数々の芸能人の整形も行なっている。

SMAP解散で生き残るのは誰?過去ジャニーズを脱退メンバーとの比較で検証

スポンサーリンク