ソニーが2020年に新型電池発売へ。スマホ市場に新しい波。

スポンサーリンク

ソニーが新型電池を2020年までに発売すると日経新聞が発表しました。

電池市場でも有名だった三洋電機がパナソニックに買収されるなど、競争が激しいこの電池産業。その電池産業にソニーが新タイプの電池を2020年までに投入することが分かりました。

現在の主流は、リチウム電池と呼ばれるタイプがスマホなどの携帯産業で流通している。そのスマホの駆動時間を1.4倍程伸ばすことができるというのがソニーの新型電池。しかも現行のリチウム電池よりも小型化ができるという話である。

スマホ画面の大型化に伴い、電力の消費量も比例するようにアップ。 CPUやディスプレイの開発は進めど、電池だけはその特性上なかなか開発が進まないのが現状だ。

スポンサーリンク

その中でも1番厄介な問題は爆発事故。中国製などの安価な電池はさて置き、アップルのiPhoneに使用されている電池なども報告数は少ないが爆発事故や、電池が加熱して低音火傷などの報告が上がっている。低音といえども、肌の色が服の上からでも赤くなる程の温度である。

人体の安全に関わる部分でもあるだけに、各メーカーはなかなか新型の電池を投入できないでいる。また、新型電池が出来たとしても、小型化という難問も立ちはだかっているのが現状だ。

恐らくソニーは今後5年間の間に安全試験などを行い、市場にリリースをと考えているのであろう。 ただし日進月歩が続くIT産業、例え先にリリースしたとしても、プラズマテレビが消えたのと同様にソニーも安泰を約束されてはいない。

スポンサーリンク