Hey Say Jump中島裕翔センター落ちで山田涼介を妬み荒れたことも?

スポンサーリンク

 

2007年にデビューしたHey Say Jump、今や東京ドームや横浜アリーナで史上初の7日間連続でのコンサートを開催するなど、ジャニーズグループの中では嵐を追い越す勢いで大活躍中。

 

でもそんな勢いのあるHey Say Jumpも、以前にはグループ内で確執があるなど、当時はファンの娘たちが知らない隠された苦労があった。

 

それは中島裕翔と山田涼介のセンター争いがきっかけだった。 AKB48やその他の女の子のグループでは良く聞く噂だが、もちろん男のグループにも存在している。

 

中島裕翔はデビュー前から可愛がられ、僅か1ヶ月でHey Say Jumpの前身J.J Expressのセンターに抜擢。 Hay Say Jumpとなってからも常にセンターでスポットライトを浴び、どちらかと言うとあまり苦労を知らないで過ごしていた。

スポンサーリンク

 

しかし今まで想像もしなかった苦労が突然彼を襲うことに。。。

 

2008年5月21日に発売されたセカンドシングル「Dreams come true」のPVの撮影の時に突然のセンター落ち。 そして変わってセンターに選ばれたのは同い年の山田涼介だったのだ。

 

この突然の事に中島はかなり動揺したのだろう。 山田を妬み荒れたこともあったそうだ。

 

一方の山田はその時の困惑した気持ちをアイドル雑誌「Myojo」のインタビューで2014年にこのように告白している。

次のページへ続く

藤田ニコル式スリムお腹と脚痩せダイエット方法とは?美脚になれる?

スポンサーリンク