桃田賢斗や田児賢一と闇カジノ賭博に行った後輩は誰?今後は解雇で引退?

この記事は4分で読めます

2016年8月5日開催のリオデジャネイロ五輪の
バドミントン男子日本代表として最有力候補の
桃田賢斗と田児賢一選手に引退の危機です!

プロ野球巨人選手の賭博騒動が収まって
今度はバドミントン。

所属しているNTT東日本はこの報道を受け
世界大会に出場中の2選手を急遽帰国させ
緊急調査まですると発表。

リオ五輪候補確実とまで言われている
2人だけに大きな波紋を呼びそうです。

桃田賢斗と田児賢一はギャンブル依存症?給料や賞金など年収はいくら?

 

因みに桃田賢斗選手は3月25日に行われた
巨人戦の開幕式で始球式を行い

スポンサーリンク

画像元:サンスポ

画像元:サンスポ

桃田賢斗と田児賢一はなぜバレた?闇カジノ賭博で逮捕されて引退も?

 

見事な直球ストレートを披露していました。

ツイッターでは解雇されるのでは?といったうわさも出てきているようです。

おいおい、開幕戦始球式やったバドミントンの桃田賢斗、違法カジノ立ち入りやって

巨人の選手は球団解雇になってたのにこの2人は処分うけないのかな?? 気になるねー

桃田賢斗ってメダル候補じゃないっけ…やばいでしょ闇カジノは

違法賭博ってまた野球選手か、と思ったらバドミントンの五輪代表

報道によると後輩も闇カジノ賭博に関わっているそうなので、今後次に誰の名前が出てくるのでしょうか!

 

速報です。本日桃田選手が世界ランキング2位に上昇しました。 ⇒ 桃田賢斗が世界ランキング2位に上昇したけど解雇で引退することに?

 

桃田賢斗の経歴やプロフィール

画像元:スポニチ

画像元:スポニチ

田賢斗や田児賢一を解雇と引退に追い込むバカラ賭博ルールの恐ろしさとは?

 

桃田賢斗(ももた けんと)
生年月日:1994年9月1日(21歳)
出身地:香川県
身長:175cm
血液型:A
学歴:福島県立富岡高等学校
所属:NTT東日本
世界ランキング4位

2015年スーパーシリーズファイナルズの男子シングルスで優勝
2015年インドネシアオープンの男子シングルスで優勝
2015年シンガポールオープンの男子シングルスで優勝

 

こうやって見ると桃田賢斗選手は世界ランキング4位で、2015年の世界大会で何度も優勝するほど凄い選手だったんですね。

 

田児賢一の経歴やプロフィール

画像元:YONEX

画像元:YONEX

メドベージェワはなぜ強い?理由と強さの秘密を浅田真央と比較した!

 

田児 賢一(たご けんいち)
生年月日:1989年7月16日(26歳)
出身地:埼玉県
身長175cm
体重:72kg
血液型:O型
学歴:埼玉栄高等学校
所属:NTT東日本

2014年インドネシア・オープンの男子シングルスで準優勝
2014年マレーシア・オープンの男子シングルスでベスト4
2014年韓国オープンの男子シングルスでベスト4

 

田児 賢一(たご けんいち)選手も桃田賢斗選手と同じNTT東日本に所属しています。

2015年では目立った成績はないようですが、2014年の国際大会では準優勝もしたことがあり、桃田賢斗選手と共に今年のリオデジャネイロオリンピック出場を期待されている選手です。

 桃田賢斗の父親や母親などの家族は?両親がきっかけでバドミントン?

 

闇カジノ賭博のバカラで1000万円以上の負け!

下記に産経新聞の報道を記載します。

闇カジノ店の元経営幹部の男性(47)によると、田児選手は26年12月ごろ、客引きの紹介で、違法なバカラ賭博を行っていたJR錦糸町駅に近い同店を訪問。

約1週間後、田児選手の紹介で桃田選手が訪れた。

この男性は「2人とも頻繁に来ていた。

田児選手は多いときは100万円単位、桃田選手は数万~数十万円単位で賭けていた。

最終的に2人で計1千万円以上は負けていた。ラケットを持った十数人の後輩らしき男女を連れてきたこともあった」と証言した。

引用:産経新聞

違法なバカラ賭博といっても、日本にはカジノはないので合法ではありません。

それにしても2人で合計1千万円以上も負けていたなんてハンパないですね。

 

藤原さくらがマッチョに抱かれた?内村航平だとの噂の真相を画像で検証!

スポンサーリンク

 

闇カジノ賭博に行った後輩男女は誰?

この報道で一番気になったのは

『ラケットを持った十数人の後輩らしき男女を連れてきたこともあった』

と産経新聞が報道していることです。

田児選手はチームメイトに1150万円もの借金をしていたということなので、借りた金を返さないチームメイトがリークした可能性もあります。

後輩の名前や写真画像も調べようとNTT東日本バドミントンチームのホームページへアクセスしたのですが、アクセスが集中しているのか、ページが削除されたかで見つけることができませんでした。

しかし、別ルートで選手情報を発見!

発見したサイトでは田児賢一選手が1989年生まれの社会人8年目となっています。

そうなると下記すべての選手全てが後輩となりますね。

松丸一輝(まつまるかずき)1989年生まれの社会人4年目。 

詳細はこちらへ ⇒ 松丸一輝主将まで田児賢一と闇カジノ賭博?写真画像付プロフィール

佐藤黎(さとうれい):1989年生まれの社会人4年目

詳細はこちらへ ⇒ 佐藤黎も桃田賢斗と闇カジノ賭博NTT仲間?経歴やプロフィールを紹介

 

竹内宏気(たけうちひろき)1993年生まれの社会人5年目(3月で退社)

詳細はこちらへ ⇒ 竹内宏気も田児賢一と闇カジノ賭博?プロフィールや経歴を紹介

大越泉(おおごしいずみ)1992年生まれの社会人5年目(3月で退社)

詳細はこちらへ ⇒ 大越泉も闇カジノ賭博で桃田賢斗とバカラ?今後は逮捕も?

 

星野翔平(ほしのしょうへい)1992年生まれの社会人2年目

詳細はこちらへ ⇒ 星野翔平も桃田賢斗や田児賢一と闇カジノ賭博?プロフィールと経歴

 

古賀輝(こがあきら)1994年生まれの新人

詳細はこちらへ ⇒ 古賀輝も闇カジノ賭博で今後は解雇や引退も?プロフィールや経歴

小松崎佑也(こまつざきゆうや)1987年生まれの社会人6年目

 

女子選手見てみましょう。

樽野恵(たるのめぐみ)1988年生まれの社会人9年目
大堀彩(おおほりあや)1996年生まれの社会人1年目
橋本由衣(はしもとゆい)1990年生まれの社会人7年目
三谷美菜津(みたにみなつ)1991年生まれの社会人6年目
川島里羅(かわしまりら)1996年生まれの社会人1年目
尾崎沙織(おざきさおり)1996年生まれの社会人1年目
渡邉あかね(わたなべあかね)1994年生まれの社会人3年目
松尾静香(まつおしずか)1986年生まれの社会人11年目
新玉美郷(あらたまみさと)1991年生まれの社会人6年目

黄色でハイライトしている選手が後輩です。

今年入社した選手を除外しても4人も違法賭博の可能性があります。

かなりの数ですね。

同じNTT東日本ではありませんが、ツイッター仲間でもある
日本ユニシス所属・奥原希望選手とも交流があるようです。

詳しくはこちらをご覧ください ⇒ 奥原希望も桃田賢斗の闇カジノ賭博にショック?Twitter仲間が解雇か?

 

まとめ

田児賢一選手はチームメイトに1150万円も借金をしていたので、大会で手にした賞金全てを違法カジノに費やしていたんですね。

ハンパない金額です!

NTT東日本は2人が帰国次第関係者から事情を聴き対応を検討すると言っています。

巨人選手が声だしで大騒ぎになり、野球賭博で解雇になった選手もいるだけに、NTT東日本のイメージダウンは避けられません。

桃田賢斗と田児賢一は解雇で引退になる可能性は高いでしょう。

今後の発表に注目です!

 

【速報】

そしてたった今、桃田賢斗選手が本日世界ランキング2位に上昇したとの速報が入ってきました!

詳しくはコチラをご覧ください ⇒ 桃田賢斗が本日4月7日世界ランキング2位に上昇!でも解雇で引退?

また、4月8日午後3時から行われた記者会見では、田児選手はトータルで60回程度闇カジノに行き、1000万円以上使ったそうです。

桃田選手は1回で10万円くらい所持し6回程度カジノに行った。トータルは50万円負けと証言しました。

NTT東日本の聞き取り調査によると女子は賭博に手を出しておらず、OBを含む6名が賭博をしていたそうです。

なお、今後の6名に対しての処分に対しては、社内調査の途中であり終らせて規定に則って処罰をするとのこと。

厳しい処分にならざるを得ないと言っています。

 

【追記】

日本バドミントン協会は4月10日、桃田賢斗選手を【日本代表選手の指定解除・無期限の競技会出場停止】にすると発表しました。

田児賢一選手にいては無期限の協会登録抹消。

又、NTT東日本は桃田選手を出勤停止30日と決定。

田児賢一選手については同社を解雇としたことにより、事実上の引退となる事でしょう。

詳細につきましてはこちらをご覧ください ⇒ 桃田賢斗無期限出場停止処分の解除や復帰時期はいつ?今後の活動は?

 

スポンサーリンク

本日は最後まで読んで頂きありがとうございました。
宜しければこの記事に関するあなたのご意見やご感想
などをお聞かせ下さい。
この下に『コメントを書く』欄がございます。
賭博やギャンブルで過去に解雇や自殺未遂までしたスポーツ選手達

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。