オリンピック閉会式の入場順がバラバラな理由はなぜ?いつからなの?

スポンサーリンク

4年に1回のスポーツの祭典オリンピック。

毎回この時期になるとお目当ての選手や
スポーツの試合が気になって気になって

部下の仕事がはかどらないと嘆いている
上司の方も多いようです。

 

2008年に開催された北京オリンピックから
スマホのワンセグで視聴が可能になったかと思えば

スポンサーリンク

 

2016年のリオデジャネイロオリンピックからは
NHKや民放各局など放映権を持つテレビ局が
インターネットでリアルタイムの動画配信をスタート。

 

これによりいままでワンセグやフルセグ機能
がなかったiPhoneやiPadユーザーまで
仕事中にオリンピックを観戦出来るようになりました。

 

しかもいままで地上波では放送されなかった
射撃や馬術などマイナーな競技までネット配信。

もしかすると近い将来、日本で新たなブームを巻き起こす
スポーツが現れるかもしれませんね。

リオデジャネイロオリンピックをパソコンやスマホで録画できる方法は?予約も

 

オリンピック閉会式の入場順番(ルール)

オリンピックといえば開会式のセレモニーが有名ですよね。

 

平和の祭典らしい華々しい開催セレモニーを
楽しみにしている方たちも多く

開催国では国の威信を欠け様ざなまな
趣向や国の成り立ちなどを取り入れた
開幕式も増えてきました。

でもここで普通の人とはちょっと変わった
私が気になったのは閉会式(閉幕式)。

 

ロンドン・オリンピックの閉会式を観ていた時
なかなかお目当ての国の選手が見つからず困っていた時

 

出場国選手の入場順がバラバラだった事に気がついたんです。

 

もちろん以前は閉会式の入場順にもルールがありました。

 

でもこの入場順がなくなってしまったのは
1964年に開催された東京オリンピックから。

 

その理由も大変面白く

 

入場前に選手たちがお酒を飲んで収拾がつかなくなた

ことが原因だったそうなんです。

 

 

真面目な日本人からすると

 

『とんでもないことをしてしまった!』

 

と思ってしまうところですが

 

海外ではこの事が逆に平和の祭典らしいと大好評で

 

その後のオリンピックの閉会式からは
バラバラに入場順するのが慣例になってしまったんです。

 

東京オリンピックの次がメキシコだったのも
閉会式の入場がバラバラに慣例化されるように
なったもう一つのきっかけかもしれません。

オリンピック開会式の入場順番にルールはある?誰が決定するの?

 

まとめ

2016年リオデジャネイロで開催されたオリンピックでは
開会式のスタイルもより観客に近い入場式になっていました。

 

もしかするとこの先いつの間にか開幕式まで
入場順がなくなってしまうかもしれませんね。

 

オリンピックはなぜ夏に開催?どうして夏季五輪なの?理由を調べた

本日は最後まで読んで頂きありがとうございました。
宜しければこの記事に関するあなたのご意見やご感想
などをお聞かせ下さい。
この下に『コメントを書く』欄がございます。
リオオリンピックをスマホやパソコンで観る方法は?ネット動画サイト情報!

スポンサーリンク