ショーンKの本名やあだ名が凄すぎ!整形疑惑も本当だった?

スポンサーリンク

ショーンKことショーン・マクアードル川上が
週刊文春に学歴詐称を暴露されて
彼を起用していたテレビ局が大変なことになっていますねー。

社運をかけて起用予定だったフジテレビはとことん運が無い。

 

画像元;Tailor Fukuoka
画像元;Tailor Fukuoka

 

キョーンKの詳しい経歴につきましてはコチラを御覧ください ⇒ ショーン川上学歴詐称で今後は干されて仕事なし?顔写真画像あり!

 

ショーンKの本名

ショーンKやショーン川上だったらカッコいいけども
本名はあまりにも普通すぎ!

スポンサーリンク

その名も

川上伸一郎

ショーン・マクアードル川上はアメリカで使っている本名なのか
それとも川上伸一郎が本名なのか
はたまた両方とも2国間で使っているのか

その辺りの真実は週刊文春に記載はなかったが
日本で暮らしていた高校の時には川上伸一郎を
名乗っていたそうだ。

詐欺師の才能はいつから?

どうやら『詐欺師としての才能?』は
高校時代から開花したようです。

出身はアメリカだけど
当時熊本県に住んでいたショーン川上

その時につけられたあだ名は

『ホラッチョ川上』

熊本弁でホラ吹き川上という意味で
週刊文春が同級生に確かめに行っていた。

なぜそんなあだ名を付けられたか
同級生も覚えていなかったが
よっぽど頻繁にホラを吹いていたのだろう。

大抵の場合、小学校や中学校辺りまでは
嘘やホラを吹いて変なあだ名を付けられる奴はいるが
高校生になってもホラッチョ川上なんて言われるとは
相当屈折した家庭環境だったのかもしれない。

ウソをつき続けると、友人が離れていくので
大抵の子供は途中で止めていくんですけどね。

スポンサーリンク

巨人高橋監督や原元監督にコーチ人らも声出し参加で黙認してた?

 

整形疑惑は本当だった?

どうやらこれは本当のようです。
週刊文春が高校時代の写真画像を入手していました。

このサイトに掲載できないのは残念ですが
全く別人の顔!!

今より四角っぽい輪郭で
鼻も高くはない。

色白で目は今のように細くはないが
ブサイクな顔立ちではなく
どこにでもいる普通の顔の高校生だった。

気になる方は週刊文春で調べてみてください。

どこの病院で整形したのか気になるところですが
そこまではさすがに載っていなかった。

分かったら予約が殺到することでしょう。

それくらい顔が変わっていて
週刊文春に取材された同級生も
全く気が付かなかったと驚いていた。

ここまで来ると
クウォーターだと言っていたが
どこまで本当なのか分からなくなってきた。

 

まとめとして

日本の古いことわざに

『嘘つきは泥棒の始まり』

という言葉があるけども

ホラを吹くことを止めることができなかった川上少年は
子供レベルのウソではなく

テレビ局など大企業を手玉に取る詐欺師になってしまっていた。

アメリカのテンプル大学卒業
ハーバード・ビジネススクールでのMBA取得
ワーナーブラザーズ日本法人での職歴などなど

これらの学歴や経歴詐称で実績をつけ
古舘伊知郎の報道ステーションでブレイク。

4月からフジテレビの新番組『ユアタイム』の
出演も決まっていたがもちろん番組降板。

週刊文春の取材に対しショーンKは

『MBAを取得した人より自分のほうが知識はある』

と語っていたが
今になってもそんなことを言える図太さが
彼の本性を物語っていた。

スポンサーリンク

白畑将一の顔写真画像や万引きの理由は?TBSをクビになるか?