本田真凜弱点や課題が多く宮原知子には勝てない?理由や原因は?

スポンサーリンク

日本女子フィギュアスケート選手といえば今誰が一番強いと思いますか?

 

こんな質問をしても誰もが

 

『宮原知子に決まってるじゃん!』

 

っていう声が聞こえてきそうだけど、現在ハンパないスピードで成長し、数年以内には宮原知子選手の存在を脅かす選手が日本女子フィギュアスケート界には何人かいるんです。

スポンサーリンク

 

一人は2016-17シーズンにシニアに転向した樋口新葉。

 

スピードと高さのあるジャンプにも一層安定感が増してきています。

 

二人目は坂本花織(さかもとかおり)選手。

 

2016年現在ジュニアながら彼女の技術力は日本女子フィギュア選手の中でもトップクラス。

 

そして3人目は本田真凜(ほんだまりん)選手。

出典:Twitter
出典:Twitter

本田真凜の衣装デザイナーは羽生結弦や宇野昌磨と同じ?宮原知子まで?

 

『あれ?坂本花織選手より本田真凜ちゃんの方が実力は上なんじゃ?』

 

『本田真凜は世界ジュニア選手権でも優勝したしね』

 

と思っている人も多いかもしれないけど、私個人の感想や意見としては本田真凜より坂本花織の方が先に宮原知子選手を脅かす存在になるのでは?と予想しています。

 

なぜ本田真凜は宮原知子に勝てないのか。

 

なぜ坂本花織の方が先に宮原知子に勝つかもしれないのか。

 

その理由や原因について考察していきたいと思います。

本田真凜が水着写真を披露?美脚すぎる画像がヤバすぎ?

 

2016-17全日本SP結果の差

2016-17全日本フィギュアスケート選手権ショート結果
  技術点 演技構成点 SP得点合計
本田真凜(15) 36.51(4位) 31.01(4位) 67.52(4位)
宮原知子(18) 41.63(1位) 34.86(1位) 76.49(1位)
坂本花織(16) 35.33(6位) 28.03(6位) 63.36(6位)
本郷理華(20) 37.34(2位) 31.86(2位) 69.90(2位)
樋口新葉(15) 37.10(3位) 31.64(3位) 68.74(3位)
三原舞依(17) 36.31(5位) 29.6(5位) 65.91(5位)

 

SP結果を表にしてみると一目瞭然。

 

技術点と演技構成点全てでトップの宮原知子選手が圧倒的に強い!

 

その後を本郷理華と15歳の樋口新葉が追う展開。

 

そして本田真凜、三原舞依、坂本花織と続いていて、宮原知子選手以外はとんでもなく抜きん出ている選手はいません。

坂本花織の歯並びが気になる?家族にはかわいい姉妹も?

 

ジャンプが弱点

 

『えっ?本田真凜の弱点がジャンプだなんて冗談でしょ?』

 

一見、技術点は4位の本田真凜選手ですが、この点数はノーミスで出した得点。

 

不得意とまではいわないけど、元々ジャンプは得意でない選手。

 

ジャンプの本田真凜って聞かないですよね。

 

ジャンプならスピードや飛距離のある樋口新葉選手や坂本花織選手。

 

この日、坂本花織選手はSPのジャンプで1つ大きなミスをしていました。

 

もしこのミスが無ければ本田真凜に勝っていたかもしれません。

 

この日の本田真凜は絶好調のノーミス。

 

でもいつもはジャンプの失敗率が高く、宮原知子選手のように安定して跳べるようになるのが過大なんです。

 

もし坂本花織選手が絶好調だと、順位が逆転する可能性は高い。

本田真凜の衣装の値段は?写真画像で浅田真央と比較してみた!

 

完璧を求めすぎる

 

どの選手もノーミスの完璧な演技を求めるもの。

スポンサーリンク

 

でも本田真凜は特に勝ちたい気持ちが強すぎて空回りするようです。

 

それが如実に現れ始めたのが世界ジュニア選手権で優勝したあとから。

 

ジュニア女王になってから追われる立場になり、今までとは違ったプレッシャーに悩まされることに。

 

テレビの取材に対しても、『勝ちたい勝ちたいという思いが強すぎていました。』と反省しきり。

 

その後は『いつも完璧な演技なんてできるわけないじゃん』と心がけるようになったそうです。

本田真凜はなぜ強い?理由の秘密を浅田真央と宮原智子で比較した

 

情熱的な性格

 

負けると悔し涙。

 

勝っても嬉し涙。

 

2016年12月24日のショート(SP)では喜びのあまり感極まってリンク上で涙していましたね。

 

私も観ていて思わずもらい泣きをしちゃったんですが(笑)、いつも安定的な成績を残すにはちょっと情熱的過ぎるかも。。。

 

それだけ追い詰められていたんでしょうね。

 

調子が良い時はとてつもない高得点を叩き出すけど、世界ジュニア選手権後のように不調になると沈没してなかなか返ってくることができなくなります。

 

その点でいえば、いつもガッツポーズさえしない宮原知子の性格とは対照的ですね。

本田真凜すっぴん画像はかわいくない?メイクも濃すぎると思う?

 

華やか過ぎる

 

濱田美栄コーチも絶賛するほど華やかな本田真凜ちゃん。

 

スケートリンクに登場するだけで観客やテレビの前のファンを惹き付ける選手なんてそうはいません。

 

でもそれだけに注目度も高く、メディアの取材攻勢も加熱。

 

かわいい笑顔を見ているだけで癒やされちゃうけど、メディアにはあんまり注目しすぎないでねっていいたい。。。

本田真凜はスランプで不調?調子が悪い理由や原因は?

 

経済面での不安

 

本田真凜ちゃんといえば、兄の本田太一選手に女優でフィギュアスケートもやっている妹の本田望結ちゃんが有名ですよね。

 

そして三女の紗来ちゃんと4人もフィギュアスケート選手。

 

いくらお父さんの収入が良いと言っても、さすがに4人分の練習費用は高すぎます。

 

そのためかは分からないけど、テレビ番組の密着取材やCMなどに出演して練習時間にも影響がでてしまいます。

 

そういえばJAL(日本航空)のイメージガールに選ばれた時には、あこがれでもあったキャビンアテンダントの制服を着ることができて嬉しいと話していましがが、練習に影響が出ない程度にしてほしいですね。

 

因みに宮原知子さんはあれほど実力があるのに殆どテレビには出演していません。

 

華がないからオファーがこないの?

本田紗来の衣装は姉真凜のお下がり?かわいい画像写真まとめ

 

天才肌

 

濱田美栄コーチいわく、本田真凛選手は天才肌。

 

一度話せば直ぐに習得できるほど凄い選手なのですが、それゆえに以前はコツコツと地味な基礎練習を怠っていたんです。

 

そのせいもあるのか、なかなかジャンプの成功度が安定しません。

 

将来的にはトリプルアクセルを跳べるようになりたいとこだわりを持っていますが、宮原知子選手からはそんなこだわりなんて聞いたことないですよね。

 

宮原選手も将来的には跳べるようになりたいと思っているかもしれないけど、『どんくさい』と濱田コーチにいわれるくらい不器用な性格だから、跳べる自身がつくまでは言葉にしないのかもしれないですね。

本田紗来はなぜ強い?理由や秘密は性格やジャンプの技術力にあった?

 

まとめ

 

こうやって本田真凜と宮原知子選手を比較してみると、本当に対象的な二人。

 

花に例えるなら本田真凛は美しく色鮮やかな赤いバラの花。

 

宮原知子選手は道端にひっそりと、でも思わず『がんばってね』と応援したくなるような可愛らしいタンポポ。

 

両極端ですが同じ濱田美栄コーチののもと、女子フィギュアスケート界をひっぱていく選手です。

 

ちょっとここで気がついたんだけど、本田真凛ちゃんって誰かに似てません?

 

情熱的で美しく華やか。

 

そして完璧を求める天才肌。

 

そう、浅田真央選手にソックリ。

 

真央ちゃんも幼い頃からメディアに注目されていましたよね。

 

爆発力がある真凜ちゃんだけに、もしかすると浅田真央選手が持つ自己ベストを更新する程強い選手になるかも。

 

世界シニア女王を目指して頑張って下さい!!

スポンサーリンク

本田真凜の年収やギャラは驚きの値段?フィギュア賞金はいくら?
本日は最後まで読んで頂きありがとうございました。

宜しければこの記事に関するあなたのご意見やご感想などをお聞かせ下さい。
この下に『コメントを書く』欄がございます。
本田真凜使用のイヤホンブランドはどこ?ヘッドホンはもう使わない