本田真凜はスランプで不調?調子が悪い理由や原因は?

スポンサーリンク

日本の女子フィギュアスケート界といえば、2016年12月現在で世界ランキング1位の宮原知子(みやはらさとこ)選手を筆頭に、本郷理華(ほんごうりか)選手など世界トップの実力を持つスケーター揃いですよね。

 

最近では脚の怪我のためトリプルアクセルを封印してまでグランプリファイナルを目指した浅田真央選手でしたが、残念ながらファイナル進出はできませんでした。

 

日本の女子フィギュアスケート界を牽引していた浅田真央選手が早く復活するのをみんなで祈りましょう。

 

そして今回ご紹介するのは本田真凜(ほんだまりん)選手。

スポンサーリンク

画像元:www.yahoo.co.jp
画像元:www.yahoo.co.jp

本田真凜すっぴん画像はかわいくない?メイクも濃すぎると思う?

 

女優で同じフィギュアスケートを行っている本田望結(ほんだみゆ)選手の姉としても有名で、幼いころより浅田真央選手以来の大物スケーターと騒がれテレビや雑誌などのメディアが大々的に報道しているのでご存知の方も多いことでしょう。

 

2016年3月に開催された世界ジュニアフィギュアスケート選手権ではショートプログラムで66.11、フリースケーティングではジュニア歴代最高点の126.87をマーク。

 

合計192.98点というシニアでも十分表彰台を狙える高得点で優勝し、ジュアでは敵なし?かとも思われていたのですが2016-2017シーズンになって絶不調

 

2016年アジアフィギュア杯では優勝するも173.67点。

 

ISUジュニアグランプリ横浜は184.11で2位。

 

ISUジュニアグランプリ リュブリャナ杯では2位の表彰台に上がるも得点は178.75と、とてもじゃないけどこれでは目標に掲げている平昌オリンピック出場どころか、シニア移行後は表彰台にも登ることはできないでしょう。

 

でもなぜこんなに真凛さんは絶不調なのでしょうか?

 

調子が悪い理由や原因について調べてみました。

本田真凜が水着写真を披露?美脚すぎる画像がヤバすぎ?

 

本田真凜はスランプ?

 

どんなに一流の選手でも調子が良い時もあれば悪い時も有ります。

 

あの浅田真央選手も怪我や故障に泣かされたり、その他の理由で長期スランプに陥っていたことがありました。

 

果たして本田真凜選手はスランプなのでしょうか?

 

気になって調べたところどうやらスランプではないようです。

 

それは真凛選手の過去に出場した試合の得点を見れば一目瞭然。

 

下記に記載しているのは2015-2016シーズンと、2016-2017シーズンの得点と試合結果です。

 

  • ISUジュニアグランプリ リュブリャナ杯178.75点(4位)
  • 2016年アジアフィギュア杯 ジュニアクラス173.67点(3位)
  • ISUジュニアグランプリ 横浜184.11点(5位)
  • 世界ジュニアフィギュアスケート選手権192.98点(1位)
  • 第84回全日本フィギュアスケート選手権171.62点(11位)
  • ISUジュニアグランプリファイナル178.64点(3位)
  • 第84回全日本フィギュアスケートジュニア選手権168.88点(7位)
  • ISUジュニアグランプリクロアチア杯181.22点(3位)
  • ISUジュニアグランプリコロラドスプリングス156.44点(2位)
  • 2015年アジアフィギュア杯 ジュニアクラス132.68点(1位)

本田真凜弱点や課題が多く宮原知子には勝てない?理由や原因は?

 

この得点結果を見ても分かるように本田真凜選手が180点超えをマークしたのはわずかに3試合。

スポンサーリンク

 

世界ジュニアフィギュアスケート選手権では192.98点という自己ベストで優勝してはいますが、この得点での優勝があまりにもすごかったのでメディアが一斉に取り上げ大騒ぎ。

 

結果、一気に注目度があがり現在不調のようにみえるのです。

 

他の得点を見てもわかりますが、試合ごとにかなり得点のバラ付きが伺えます。

 

スランプというより現在の得点はごく当たり前の状態で、次のステージへレベルアップするための停滞期と言えるでしょう。

 

しかしジュニアで2015-2016シーズンに安定してここまでの得点を出している選手は他にいません。

 

本田真凜選手が将来の日本の女子フィギュアスケート界を担う実力を持った選手であることには間違いないんです。

本田真凛の衣装の値段は?写真画像で浅田真央と比較してみた!

 

不調の理由や原因は?

 

スランプではないと言っても得点が180点台をキープできていないということは、調子が悪いということ。

 

同じジュニアでライバルの紀平梨花選手は2016-2017シーズンで194.24点と185.51点という得点を2大会連続で出しました。

 

しかも本田真凜選手より1歳年下です。

 

特に紀平梨花選手は2016-2017シーズンで一気に成長しているんです。

 

紀平梨花選手の詳細につきましてはこちらを御覧ください ⇒ 紀平梨花の八重歯と歯並びが気になる?なぜジャンプが上手いのか理由も!

 

本田真凜選手は元々ジャンプが得意ではなく波がある選手なのは確かなのですが、調子が悪い理由や原因はメンタルの部分にあるということをテレビで紹介していました。

 

本田真凜選手曰く

 

『ここ失敗したらどうしようとかすごく今シーズン考えている』

 

『去年は全然何も考えてなくて、失敗してもいいやぐらいだった』

 

と精神面での不安や違いを吐露。

 

そう、本田真凜選手は世界ジュニア選手権での優勝がプレッシャーとなり、彼女が持つ本来のスケーティングができていなかったんです。

 

勝ちたい、勝ちたい、勝ちたい!

 

という思いが強すぎて空回りしていたんですね。

本田真凛の可愛いインスタ画像写真を発見!女子フィギュアは本当に仲が良い?

 

濱田美栄コーチの助言

 

勝ちたいという思いが強すぎて調子が悪い本田真凜選手。

 

そんな真凛さんにコーチの濱田美栄さんは

 

『自分を信じない』

 

という普通とは逆の助言をしていました。

 

信じたら真凛の場合狙いすぎるから

 

いつも狙いすぎた時は良くないので、『出来るわけないよ』の感じでやったほうがいい。

 

という理由から濱田コーチは真凛さんにこんなアドバイスしていたんです。

 

その結果、『いつもノーミスなんてできるわけない』という感じで滑ったら良い結果が出たんだそうです。

 

それにしてもこのアドバイスは本当に濱田美栄コーチがしっかりとよく本田真凜選手の事を毎日見ているということですよね。

 

宮原知子選手を世界女王に育てたコーチはやはり普通とは違う名コーチです。

本田真凜の衣装デザイナーは羽生結弦や宇野昌磨と同じ?宮原知子まで?

 

まとめ

 

今回調べた結果、本田真凜さんはスランプではなく次のステージへ登るための踊り場にいるところ。

 

不調は怪我や故障など肉体的な部分が理由ではなく、メンタルが原因。

 

この不調を乗り越えて更に強くなった本田真凜さんを早く見てみたいですね!!

スポンサーリンク

本田真凜使用のイヤホンブランドはどこ?ヘッドホンはもう使わない
本日は最後まで読んで頂きありがとうございました。
宜しければこの記事に関するあなたのご意見やご感想
などをお聞かせ下さい。
この下に『コメントを書く』欄がございます。
本田紗来の衣装は姉真凜のお下がり?かわいい画像写真まとめ