三原舞依はなぜ強い?高得点の理由や強さの秘密はなに?

この記事は4分で読めます

2016年10月21日と22日の二日間に渡って開催された、フィギュアスケートGPシリーズ第1戦スケートアメリカ(米国イリノイ州・ホフマンステーツ)戦で、三原舞依(みはらまい)選手が見事3位に入賞しました。

 

おめでとうございます!

 

6位までの得点の結果と順位は以下の通りとなっております。

スポンサーリンク

 

優勝:アシュリー・ワグナー(アメリカ)・ 196.44点
準優勝:マライア・ベル(アメリカ)・・・ 191.59点
3位: 三原舞依(日本)・・・・・・・・・ 189.28点
4位: ガブリエル・デールマン(カナダ)・186.63点
5位: グレーシー・ゴールド(アメリカ)・ 184.22点
6位: 浅田真央(日本)・・・・・・・・・176.78点

 

この点数を見ても分かるように、日本を代表するトップフィギュアスケーター浅田真央(26)選手を10点以上離しての3位表彰台。

スポンサーリンク

 

浅田選手のジャンプの調子が悪く点数が振るわなかったことも理由の一つですが、2014年のソチオリンピック団体戦銅メダリスト、また2016年世界選手権2位にもなったアメリカのアシュリー・ワグナー選手の得点は196.44点。

 

そして2位のマライア・ベル(アメリカ)選手が191.59点だったことを見れば、どれだけレベルの高い大会だったかが良くわかります。

 

三原舞依選手はジャンプミスがなければ2位になっていた可能性もあっただけに悔やまれます。

 

三原舞依選手はジュニアからシニアに転向して初の試合で見事3位の表彰台。

 

でもなぜこんなに三原選手は強いのでしょうか。

 

その理由について調べてみました。

スポンサーリンク

続きを読む

ページ: 1 2

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。