バドミントン佐々木翔がリオ五輪出場?プロフィールに戦績や実力など

この記事は2分で読めます

バドミントン男子で世界ランキング2位だった
桃田賢斗(ももたけんと)が違法カジノに出入りを

していたことで無期限の出場停止処分になり
世界ランキング19位で日本人のトップの

佐々木翔(ささきしょう)選手が
リオデジャネイロオリンピックに
出場することがほぼ確実となりました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

今回はその佐々木翔選手についての
経歴やプロフィールに過去の戦績など
顔写真画像付きもご用意して
ご紹介したいと思います。
桃田賢斗の父親や母親などの家族構成は?両親がきっかけでバドミントン?

 

佐々木翔の経歴やプロフィール

画像元:スポニチ

画像元:スポニチ

写真画像は、2012年男子シングルス準々決勝で世界ランク2位で北京五輪金メダリストの林丹に惜敗した時のもの

 

佐々木 翔(ささきしょう)
生年月日:1982年6月30日
年齢:33歳(2016年4月現在)
出身地:北海道
身長:172cm
体重:74kg
血液型:O型
利き腕:左
所属チーム:トナミ運輸
学歴:上磯中学校→関東第一高等学校→東京富士短期大学

 

桃田賢斗選手がリオ五輪に出場するとばかり思っていたファンは、佐々木翔選手についてご存知な方も多いかと思いますが、現在世界ランキング19位で、過去にも素晴らしい戦績を残していました。

1997年に開催された全国中学校バドミントン大会のシングルスでは早くも準優勝。

高校時代や大学生時代にも全国大会で優勝や準優勝を収めています。

スノーボード未成年男子選手の大麻使用はなぜバレた?理由や今後を調査した

 

国際大会での戦績

バドミントンは試合に勝ってポイントを獲得しながら世界ランキングの上位を目指すシステムになっているので、実力のある選手は社会人になると世界中を遠征しながらたくさんの試合に出場します。

スポンサーリンク

佐々木翔選手が世界大会で優勝した試合を下記に掲載しました。

2001年:イラン国際 男子ダブルス 優勝
2002年:ナイジェリア国際 男子シングルス 優勝
2003年:キューバ国際 男子シングルス 優勝
     ニューカレドニア国際 男子シングルス 優勝
             ナイジェリア国際 男子シングルス 優勝
             スロバキア国際 男子シングルス 優勝
2004年:ペルー国際 男子シングルス 優勝
2007年:バーレーンサテライト 男子シングルス 優勝
     バヌインベスト国際(ルーマニア) 男子シングルス 優勝
             イスラエル国際 男子シングルス 優勝
             モーリシャス国際 男子シングルス 優勝
             ビクトリア国際(オーストラリア)男子シングルス 優勝
             イタリア国際 男子シングルス 優勝
2010年:大阪国際 男子シングルス 優勝
     オランダオープン 男子シングルス 優勝
2011年:オーストラリアオープン 男子シングルス優勝
      USオープン 男子シングルス 優勝
本田望結のフィギュアスケート衣装が可愛い過ぎる!写真画像付まとめ

 

まとめ

佐々木翔選手は素晴らしい経歴や実力を持っていらっしゃいますが、リオ五輪でのメダル獲得はかなり難しいのが現実です。

年齢も33歳というバドミントン選手としては高い年齢の方で、実際に今季限りで引退を表明していました。

しかし今でも海外遠征中の現役バリバリの選手で、ロンドンオリンピック男子シングルスではベスト8入りも果たしたことがあるので、リオ五輪ではベスト16くらいはいける可能性も残っている選手です。

今回の報道にはご本人が一番驚いているのではないでしょうか。

本日は最後まで読んで頂きありがとうございました。
宜しければこの記事に関するあなたのご意見やご感想
などをお聞かせ下さい。
この下に『コメントを書く』欄がございます。
桃田賢斗無期限出場停止処分の解除や復帰時期はいつ?今後の活動は?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。