小林麻央の乳ガンは何故バレた?理由や原因を調べた

スポンサーリンク

 

イケメン歌舞伎俳優として活躍している市川海老蔵さんの妻・小林麻央さんが

 

進行性の乳ガンであることが6月9日突然ネット上に出回り話題となっています。

 

33歳の若さなのに既に2年近い闘病生活。

 

イケメンの夫に美人の妻。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

2011年に長女・麗禾(れいか)ちゃんを出産し、2013年には跡取りの長男・勧玄(かんげん)も授かり理想を絵に描いたような家族だっただけに今回の発表は大きな波紋を呼んでいます。

 

それにしても何故突然も乳ガンの発表となったのでしょうか。

 

麻央さんは抗癌剤治療でガンと闘いながらも長男・勧玄君の初舞台に同伴していたそうです。

 

まだ3歳である勧玄くんはお母さんの麻央さんが乳ガンであることを理解できる年齢ではありませんが、命に関わる病気であることを説明すれば分かるかもしれません。

 

そんなひたむきに隠していた病気はなぜ今になってバレたのか理由や原因を考察していきたいと思います。

 

では早速みていきましょう!

スポンサーリンク

 

次のページへ続く

スポンサーリンク