メドベデワのカップやスリーサイズは?美脚過ぎる生脚画像写真も!

スポンサーリンク

ロシア出身美人女子フィギュアスケーター、エフゲニア・メドベージェワ(メドベデワ)選手の勢いが止まりそうにありません!

 

2016年10月1日(土)にさいたまスーパーアリーナで開催された『フィギュアスケートジャパンオープン2016』では、147.07点を叩き出し女子フィギュアの中ではトップの成績。

 

日本、ヨーロッパ、欧米との地域別対抗の団体戦とはいえ、2位の宮原知子選手対し3.68点も離すほどの高得点。

 

決して宮原知子選手の調子が悪かったわけではありません。

スポンサーリンク

 

それどころか宮原選手はノーミスのジャンプで安定したスケーティングを披露。

 

143.39点というのは、自己最高の得点だったんです。

 

下記に女子フィギュア選手たちの得点を記載しているで御覧ください。

 

  1. エフゲニア・メドベージェワ(欧州):147.07点
  2. 宮原知子(日本):143.39点
  3. アシュリー・ワグナー(北米):132.12点
  4. アンナ・ポゴリラヤ(欧州): 132.04点
  5. 樋口新葉(日本):116.99点
  6. グレイシー・ゴールド(北米)108.24点

 

2位の宮原知子選手と3位のアシュリー・ワグナー選手が10点以上も得点差が出ていたことが分かります。

スポンサーリンク

 

しかも宮原選手は、過去に浅田真央選手が出した142.71点をも超える点数だったんです。

 

エフゲニア・メドベージェワ選手は殆どのジャンプで片手を上げるなど、完璧なノーミスの演技を披露。

 

この点数でも思ったより得点が伸びなかったという人がいるほどです。

 

妖精のようなあどけない可愛さと、セクシー過ぎるほど美しいスタイル。

 

明らかに日本に初来日したときと比べてセクシーになっています!

 

さらに現在女子フィギュア界ナンバー1と目される実力は、2016-2017シーズンで大旋風を巻き起こしそうな予感。

 

そんな彼女ですが、気になるのはやっぱりそのスタイルの美しさ。

 

フィギュアスケーターとしてトレーニングしてるのに脚は細く美脚としても有名。

 

今回はそんな彼女の美しい写真を集めてみました。

 

セーラー服もありますよ。

 

では早速みていきましょう!

 

スポンサーリンク

次のページへ続く