小林麻央の乳ガンは何故バレた?理由や原因を調べた

この記事は2分で読めます

イケメン歌舞伎俳優として活躍している市川海老蔵さんの妻・小林麻央さんが

 

進行性の乳ガンであることが6月9日突然ネット上に出回り話題となっています。

 

33歳の若さなのに既に2年近い闘病生活。

 

イケメンの夫に美人の妻。

 

2011年に長女・麗禾(れいか)ちゃんを出産し、2013年には跡取りの長男・勧玄(かんげん)も授かり理想を絵に描いたような家族だっただけに今回の発表は大きな波紋を呼んでいます。

 

それにしても何故突然も乳ガンの発表となったのでしょうか。

スポンサーリンク

 

麻央さんは抗癌剤治療でガンと闘いながらも長男・勧玄君の初舞台に同伴していたそうです。

 

まだ3歳である勧玄くんはお母さんの麻央さんが乳ガンであることを理解できる年齢ではありませんが、命に関わる病気であることを説明すれば分かるかもしれません。

 

そんなひたむきに隠していた病気はなぜ今になってバレたのか理由や原因を考察していきたいと思います。

小林麻央の入院先の病院場所や住所は?乳ガン治療費はいくら?

 

 

乳ガンはなぜバレた?

私が調べた限り、どうやら小林麻央さんが乳癌であるという第一報をスクープしたのは『スポーツ報知』。

6月9日の朝5時の記事でこれを発表。

 

その後各社が追随するようにこの記事を引用し、市川海老蔵宅前には報道陣が詰めかける大事態にまで発展。

 

そしてこの大騒動に遂に海老蔵さん自身が同日午後3時より記者会見することを発表するに至りました。

 

ではなぜ乳ガンであることが今バレたのか。

 

今というより、以前から梨園の妻である小林麻央さんの姿が公に見られなくなっていたことが話題になっていたので、バレないほうがおかしかったんです。

 

梨園の妻といえば裏方として歌舞伎役者の夫や息子を陰で支える事でも有名ですが、新聞や雑誌の記者が目にしなくなったどころか、海老蔵さんのブログにも写真画像がアップされないなどかなり不自然さが際立っていました。

スポンサーリンク

 

一部のメディアでは『妊娠で第3子を出産?』という報道をしていたところもありましたが、お腹が大きくなっているのかを確認もしないような本当にいい加減な記事を書いていたようです。

 

2010年3月の結婚以来、夫を支え続けてきた麻央さんですが、1年近く姿を見せない麻央さんに歌舞伎関係者の間では心配する声が上がっていたんです。

 

抗癌剤治療を行っているということは、体重が減ったり頭髪が抜けたりと激しい副作用が伴います。

 

特に体重は激減するとバレやすくなるので、写真は撮られなくても通院生活を続ける姿をメディアに目撃され、近しい関係者からの証言で今回の発表に至ったのでは無いでしょうか。

 

そして小林麻央さんはどうやらガン家系らしく、母親もガンを患っていました。

 

姉の麻耶さんも長期休養していますが、とても心配です。

小林麻央ガン温熱療法の病院施設はどこ?料金や効果はどのくらい?

 

まとめ

 

今回の突然の発表は本当にビックリで残念でもありますが、乳ガンを完治して戻ってきた有名人はたくさんいますし、最新の抗癌剤は以前と比べてもかなり効果があると言われています。

 

麻央さんも必ず病を治して戻ってくることをみんなで祈りましょう。

小林麻央など過去に乳ガンになったタレントや芸能人のその後は?

スポンサーリンク

本日は最後まで読んで頂きありがとうございました。

宜しければこの記事に関するあなたのご意見やご感想

などをお聞かせ下さい。

この下に『コメントを書く』欄がございます。

大橋巨泉のガン闘病を支えた嫁は元アイドルで娘も芸能人?資産は莫大!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. amemiya naver
  2. kamenrider8
  3. 画像元:日本タレント名鑑
  4. エンタメ
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。