トルコ、バイランパサ駅近くでパイプ爆弾テロ。5人が死傷。

この記事は1分で読めます

12月1日(火)、トルコ現地時間夕方、首都イスタンブールを走る地下鉄バイランパサ駅近くでパイプ爆弾による爆発が発生した。

turkey2
バイランパサ市長は報道機関に対し、

「現在のところこの爆発で5人が死傷(うち1人が死亡)」

スポンサーリンク

と発表。

トルコの地下鉄は東京と同じで地上と地下を走っている。 

そして今回の事件が起きたのは駅近くの地上。

patoka

スポンサーリンク

夕方のラッシュアワーの時間帯に、たくさんのパトカーや救急車が出動し現場付近は大渋滞に。

事件発生現場は、トルコイスタンブールでもヨーロッパ側のエリア。 

住宅街と工業団地があるところで発生した。

turkey

100人以上の人が犠牲になった今年10月の自爆テロ以来、トルコが爆弾テロに対しての警戒を最高レベルに上げている最中での事件となり、市民にはどうすることも出来ない恐怖と不安に包まれている。

今回の爆弾テロに関してテロリストからの発表はないが、トルコがNATO(北大西洋条約機構)のメンバーとして、自称イスラム国を避難していることから、イスラム国が関与しているのではないかと報道されている。

スポンサーリンク

現在イスタンブールの地下鉄全線は運行停止中。 人々の足に多大なる影響を与えている。  

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。