桃田賢斗と田児賢一はなぜバレた?闇カジノ賭博で逮捕されて引退も?

この記事は4分で読めます

バドミントン界のエースでリオ五輪金メダルも
期待されていた桃田賢斗(ももたけんと)選手と
田児賢一(たごけんいち)選手の闇カジノ賭博疑惑ですが

日本バドミントン協会の銭谷欽治専務理事は

「協会として(桃田選手を)日本オリンピック
委員会に推薦できない」

スポンサーリンク

と発表しリオ五輪に出場させないことを
明言してしまいました。

本当に残念です。

でもなぜバレたのでしょうか?

そして今後は逮捕となるのでしょうか?

気になりましたので調べてみました。

スノーボード未成年男子選手の大麻使用はなぜバレた?理由や今後を調査した

 

闇カジノ賭博で1千万の負け?

画像元:スポニチ

画像元:スポニチ

和田唱が上野樹里と結婚?父親や母親など家族構成やプロフィールは?

 

産経新聞の取材によると
田児賢一は多いときは100万円単位
桃田賢斗選手は数万~数十万円単位で賭けていたそうで

田子選手はバカラに熱中していたそうです。

そしてフジテレビのみんなのニュースで
顔を隠してインタビューを受けた
闇カジノ賭博の関係者の話では

まず田児選手は闇カジノに出入りをし
週に2~3回位だったのが
1日に2~3回に上るときもあったそうです。

 

賭ける金額も数十万から百万に上り
500万円位は負けていたと証言したが

4月8日午後3時から行われた記者会見では
田児選手はトータルで60回程度闇カジノに行き
1000万円以上使ったそうです。

一方、桃田選手は田児選手に誘われ
1回で10万円くらい所持し6回程度カジノに行った。
トータルは50万円負けと証言しました。

速報です。本日桃田選手が世界ランキング2位に上昇しました。 ⇒ 桃田賢斗が世界ランキング2位に上昇したけど解雇で引退することに?

 

なぜバレたのか?

先ほど話した闇カジノ賭博の関係者の話では
2人ともジャージ姿のまま隠れた様子もなく
カジノに出入りしていたとのこと。

5、6人連れだって来たこともあるそうで
バドミントンのラケットを持って来ていたと
証言していました。

 

バレた理由はまだ定かではありませんが
もしかすると同じバドミントン仲間が
情報をリークしたのかもしれません。

 

というのも田児賢一選手はバドミントン部の
仲間に最高1150万円もの借金をしていたんです!

 

今では残り500万円という話ですが
お金が絡めば人間変わっちゃいますからね。

どんなことがあってもおかしくありません。

ではNTT東日本男子バドミントン部のメンバーを一人一人見ていきましょう。

 

NTT東日本男子バドミントン部のメンバー

桃田賢斗選手と田児賢一選手以外のメンバーの名前を下記に記載しました。

松丸一輝(まつまるかずき)1989年生まれの社会人4年目(主将) 

詳細はこちらへ ⇒ 松丸一輝主将まで田児賢一と闇カジノ賭博?写真画像付プロフィール

佐藤黎(さとうれい):1989年生まれの社会人4年目

詳細はこちらへ ⇒ 佐藤黎も桃田賢斗と闇カジノ賭博NTT仲間?経歴やプロフィールを紹介

 

星野翔平(ほしのしょうへい)1992年生まれの社会人2年目

詳細はこちらへ ⇒ 星野翔平も桃田賢斗や田児賢一と闇カジノ賭博?プロフィールと経歴

 

古賀輝(こがあきら)1994年生まれの新人

詳細はこちらへ ⇒ 古賀輝も闇カジノ賭博で今後は解雇や引退も?プロフィールや経歴

 

竹内宏気(たけうちひろき)1993年生まれの社会人5年目(3月で退社)

詳細はこちらへ ⇒ 竹内宏気も田児賢一と闇カジノ賭博?プロフィールや経歴を紹介

大越泉(おおごしいずみ)1992年生まれの社会人5年目(3月で退社)

詳細はこちらへ ⇒ 大越泉も闇カジノ賭博で桃田賢斗とバカラ?今後は逮捕も?

スポンサーリンク

 

小松崎佑也(こまつざきゆうや)1987年生まれの社会人6年目(闇カジノ賭博出入りなし)

詳細はこちらへ ⇒ 小松崎佑也はなぜ田児賢一と闇カジノ賭博に行かなかった?画像で経歴紹介

 

男子メンバーの桃田賢斗選手と小松崎佑也選手以外は全て埼玉栄高校か日本体育大学卒で、チームとしては団結力が強かったのではないでしょうか。

桃田選手は田児選手に憧れていたのでかなり親しかったようです。

今回の騒動で分かったのは、男子バドミントン部で闇カジノ賭博に関わっていなかったのが小松崎佑也選手のみだったという異例の事態。

この辺りもなぜそうなのか気になるところですが、竹内宏気選手と大越泉選手がNTT東日本を退社すると同時に闇カジノ賭博騒動が出てきという事実も不思議です。

なぜ2人が同時に退社したのか物凄く気になりますね。

また、闇カジノ賭博の関係者の話では、女性もいたとの証言があるので同じNTT東日本のバドミントン選手から新たに出てくるかもしれません。

 

しかし全員が賭けをしていたのではなくやっていない人の方が多かったと闇カジノ賭博の関係者は証言しています。

その理由は恐らく飲食が無料であることと、興味本位でただ見ていた選手もいたのかもしれまん。

 

派手に賭けをしていた割には隠れる様子もなかったことから、NTT東日本のバドミントンチームでは有名な話だったのではないでしょうか。

2人をよく思わない選手かチームの関係者、またはお金を貸している人が、マスコミにリークしたのかもしれません。

 

別のバレた理由として桃田選手とスナックのママのキス写真が流出したからだと週刊新潮が報じています。

マレーシア遠征の直前に恐い筋の人から桃田選手に電話が入り、買取をにおわせる内容だったとか。

真実かどうかは分かりませんが、週刊新潮には女性とキスをしている写真や、桃田選手から抱きついている写真が掲載されてしまいました。

 

賭博やギャンブルで過去に解雇や自殺未遂したスポーツ選手達は?

 

逮捕されて引退?

答えはYESでもありNOでもあります。

刑法では『単純賭博罪』や、更に罰則が厳しい『常習賭博罪』が適用になります。

単純賭博罪に「懲役刑」はなく、罰金か科料です。

拘留などはありません。

しかし頻度が多い『常習賭博罪』となると3年以下の懲役となります。

ここからは勝手な予想ではありますが

桃田賢斗は『単純賭博罪』

田児賢一は『常習賭博罪』

が課せられるかもしれません。

初犯である場合は情状酌量で軽くなるかもしれませんので、執行猶予付きの判決が下ることもあるでしょう。

そうなるとNTT東日本としては解雇せざるを得ないでしょうね。

そうなると引退も避けられません。

軽い気持ちだったかどうかは分かりませんが、金メダルを獲得できる選手だっただけに本当に残念な結果です。

桃田賢斗や田児賢一を解雇と引退に追い込むバカラ賭博ルールの恐ろしさとは?

 

まとめ

NTT東日本の聞き取り調査によると、女子は賭博に手を出しておらずOBを含む6名が賭博をしていたそうです。

なお、今後の6名に対しての処分に対しては、社内調査の途中であり終らせて規定に則って処罰をするとの事だそうです。

 

【追記】

日本バドミントン協会は4月10日、桃田賢斗選手を【日本代表選手の指定解除・無期限の競技会出場停止】にすると発表しました。

田児賢一選手にいては無期限の協会登録抹消。

又、NTT東日本は桃田選手を出勤停止30日、田児選手を解雇する処分を発表。

その他6名の選手は厳重注意。部長、副部長、総監督、監督を解任して男子バドミントン部を半年間の対外活動自粛とすると発表しました。

詳細につきましてはこちらをご覧ください ⇒ 桃田賢斗無期限出場停止処分の解除や復帰時期はいつ?今後の活動は?

そして新しく入った情報によりますと、田児賢一選手は危険なマレーシアへ移籍するという情報も入ってきました。

なぜ危険なのかの詳細につきましてはこちらへ ⇒ 田児賢一のマレーシア移籍はなぜ危険?その理由とは?

スポンサーリンク

本日は最後まで読んで頂きありがとうございました。
宜しければこの記事に関するあなたのご意見やご感想
などをお聞かせ下さい。
この下に『コメントを書く』欄がございます。
田児賢一の父親や母親など家族は?両親もバドミントン選手だった?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。